Neo Culture #Journal

Neo Culture #Journal

ある文化がある異文化を受容するには、母体となる文化においての既成概念の破壊と伝統の再構築が必要となる。 Neo Cultureは、その過程を人為的かつ局所的に再現しようとする、一種の実験である。

田舎風野菜カレー Recipe渋谷2017-2019

「南アジアに学ぶ大量調理のカレーレシピ」にはボリューム違いを掲載したものです。旬の野菜をお腹一杯食べられるお手軽レシピです。一年中イケます。

野菜 400g2-3種類ごろごろに切る
油 大3-6(なすびや人参など油と相性がいい野菜の時は多めで)

玉ねぎ 1/2~1/4 スライス(使わなくてもいい)
グリーンチリ 1/3本 小口切り(使わなくてもいい入れても入れなくても甘口です)

ターメリック 1tsp
パプリカパウダー 1-1/2tsp
コリアンダーパウダー 2/3tsp

トマト缶 大3(なくてもいい)
水400-600㏄(具材ひたひたくらいの分量で)

塩 小1-1/3~

↓以下お好みで仕上げ(どれか一つお好みで。全て使わなくても大丈夫です。)
・刻みパクチー 片手にこんもり
・ピールドクミン 2tsp(作り方はクミンシード2tspを小さいフライパンで軽く色づくくらいに乾煎りして冷まし、すりばち(冷凍庫上右奥にあります)で軽くつぶす。ポイントは挽かないこと。ピールドとは皮を剥いた状態にするという意味で、クミンの外側の殻が破れればそこまでで大丈夫です。だいたい乾煎りしたものであれば一回つけば殻が破れます。)
・ブラックペッパー粗挽き 1-1/2tsp(これを加えれば中辛になります。)
・刻み生姜(細かめから粗みじんまで刻み具合もお好みで。インドの田舎ではかなり粗い粗みじんが多いですが。)
・フライドチリ 1本手で砕いて(鷹の爪1本を油で強めの火で真っ黒に炒めて冷ましたもの。ピリ辛になります。)
マスタードオイル 大1(ピリ辛になります。使いすぎ注意)

①鍋に切った野菜と玉ねぎ、グリーンチリを加えて強めの中火にかけ、油を上から加える。
②油が熱くなったらそこから2-3分炒める。
③パウダースパイスを加えて30秒炒める。
④トマト缶を加えて30秒炒める。
⑤水を加えて野菜がしっかり柔らかくなるまで煮て、塩と仕上げで何か使う場合はお好みの食材を加えてひと煮たちさせて完成。