Neo Culture #Journal

Neo Culture #Journal

ある文化がある異文化を受容するには、母体となる文化においての既成概念の破壊と伝統の再構築が必要となる。 Neo Cultureは、その過程を人為的かつ局所的に再現しようとする、一種の実験である。

ほうれんそうチキンカレー Recipe渋谷2017-2019

ほうれん草は生のままいれるレシピですが、悪が気になる方は下茹でしてから、最後水を加えてわいたところで加えて、強めの中火で5分ほど煮込んでください~

鶏肉 400g 一口大に切る
ほうれん草 1/2袋 水で洗ってざく切り 幅は5㎜~3㎝でお好きに

玉ねぎ 小1個 スライス
GG 大1

ターメリック 2/3tsp
パプリカパウダー 1tsp
ガラムマサラ 1tsp
ブラックペッパーパウダー 甘口の場合は1/2tsp 中辛の場合は1tsp

トマト缶 おたま1.5杯

水850㏄
カスリメティ 大1と少々
塩 

油 大3
シナモン 3㎝
ベイリーフ 1枚
鷹の爪 1本
クミンシード 1tsp

①鍋に油とシナモン、ベイリーフ、鷹の爪を入れて中火で加熱し、ベイリーフが香ばしく色づいたらクミンシードを加えて10秒ぱちぱちと炒める。(チリは黒く焦げても大丈夫です)
②玉ねぎを加えてきつね色に炒める。
③GGを加えて30-60秒炒める。
④鶏肉を加えて表面が白くなるまで炒め、ほうれん草を加えて60-90秒少ししっかりと炒める。
⑤パウダースパイスを加えて30秒炒める。
⑥トマト缶を加えて60秒炒める。
➆水を加えて強火で沸かし5分煮る。
⑧カスリメティと塩を加えてひと煮たちさせて完成。

*ほうれん草を肉と一緒に炒めることはネイティブはほとんどやりませんが、
油で炒めることによってほうれん草が甘くなって、渋みも消えるので仕上がりがさっぱりめの味わいになります。