Neo Culture #Journal

Neo Culture #Journal

ある文化がある異文化を受容するには、母体となる文化においての既成概念の破壊と伝統の再構築が必要となる。 Neo Cultureは、その過程を人為的かつ局所的に再現しようとする、一種の実験である。

パニールのタリワラ(パンジャブ風スープカレー) Recipe渋谷2017-2019

2018年のある時期から、それまで全メニューが日替わりだった渋谷で定番メニューとして据えられたカレーです。パニールパニールと読んでも通じんのんで、自分は広島県海田町の知る人ぞ知る、いや、地元民のみぞ知るインドカレーの名店TAJに倣ってインドチーズと読んでいます。そしてインドチーズと呼べばチーズと伝わるわけで、かなり売れる。なお渋谷レシピ全編においてトマト缶はデルモンテ推奨。

パニール 500g サイコロに切る

玉ねぎ 1個 スライス
グリーンチリ 1本小口切り
GG 2tbsp
トマト おたま1,5杯

ターメリック 1tsp
カシミールチリ 1-1/2tsp
コリアンダーパウダー 1tsp
ガラムマサラ 1tsp
カスリメティ 大2

水 800cc
油 大3
塩 小2~

ベイリーフ 1枚
カルダモン 3粒
クローブ 3粒
ブラックペッパー粗挽き 1つまみ
渋谷ポロン 1/2tsp

①鍋に油とベイリーフ、カルダモン、クローブを加えて強めの中火にかけて、ベイリーフが茶色く色づくまで炒める。
②ブラックペッパー粗挽きと渋谷ポロンを加えて5秒炒める。
③玉ねぎを加えて2分炒めて、グリーンチリとGGを加えてGGの生っぽい香りが飛んで香ばしい香りが立つまで混ぜながら炒める。
④トマト缶を加えて沸かす。
⑤パウダースパイスを加えて30秒炒める。
パニールを加えて60ー120秒炒め合わせて、沸いたら水を加えて強火で沸かし、そのまま3ー5分煮る。カスリメティを加えてさらに2分煮て、塩してひと煮立ちさせて完成。