Neo Culture #Journal

Neo Culture #Journal

ある文化がある異文化を受容するには、母体となる文化においての既成概念の破壊と伝統の再構築が必要となる。 Neo Cultureは、その過程を人為的かつ局所的に再現しようとする、一種の実験である。

レンズ豆のジョルの項-北インドのおうちカレー 上

〇料理名「レンズ豆のジョル」Masoor Jhol

<加筆>

レンズ豆のジョル Masoor Jholがそもそもあまり一般的な呼び方ではないようです。

ただし、東インドバングラデシュで一般的なジョル(汁気の多いカレー)の様に、水気が多いダル(北インド南インドのぼてっとしたダルや豆料理と比較して)という意味で「ジョルのようなダル」という言い方は良くされます。

では一般的な呼び方はというとやはり”ダル”なようで、それは水分量に関わらずダルと呼ばれることが多いようです。

 

〇工程Ⓐ「マスールダルはさっと水で洗い・・・」

<加筆>

東インドでは手早く煮えるマスールダルでも数時間から一晩浸水させることがあります。その場合はもちろん、より早く煮えます。

 

〇工程Ⓐ「10-15分で形が崩れてくる」

<加筆>

東インドのダルでは7-8分程度の過熱にとどめ、豆の形を残すダルもよく見られます。

豆の形を残すか、しっかりと煮崩すかは作り手と食べての好みによります。

 

〇材料欄ヒング

<加筆>

インド人でも使う人と使わない人がいます。

 

〇材料欄パウダースパイス

<加筆>

コリアンダーパウダーは使わない人もいます。その場合は配合をターメリック1tsp、カイエンペッパー1-1/2tspにします。