Neo Culture #Journal

Neo Culture #Journal

ある文化がある異文化を受容するには、母体となる文化においての既成概念の破壊と伝統の再構築が必要となる。 Neo Cultureは、その過程を人為的かつ局所的に再現しようとする、一種の実験である。

2020-07-08から1日間の記事一覧

ビリヤニ回顧録③-ロヒンギャとサロンとロヒンギャのビリヤニのルーツ

<ロヒンギャとは?> 主にミャンマー西部のラカイン州にまとまった人口がいるイスラム系少数民族の人たちのこと。 <サロンとは?> ロヒンギャの人たちが話すロヒンギャ語のなかで、おかずという意味合いで使われる言葉。 ロヒンギャの人たちが、現在の東…